10月2日(水)ヴィンヤサフロー レッスン報告

台風が近づく雨の中でのレッスン。季節の変わり目と天候不順が重なり、乱れがちな自律神経を整えることに目を向けてみました。

最初はナディシュダナ(方鼻)呼吸。安楽座になり坐骨の下にブロックを置く。ひざが緩み骨盤が少し前傾して楽に座れるので、余計な力みが抜けてより呼吸が深まる。骨盤底(ムーラーダーラチャクラ)から頭頂部(サハスラーラチャクラ)へと手のひらでエネルギーの通り道を触れてから、呼吸に集中。見えないところで左右のバランスにはたらきかける。

ウォ―ミングアップは、背骨を支えている体幹部周りの筋肉や神経を緩める動きで内側から温める。

太陽礼拝AとBの後、体側を強く伸ばすポーズ~三角のねじり~戦士のポーズ3。三角~体側を伸ばすポーズ。ブロックを補助道具として使い、先月練習した骨盤の向きを意識して、体幹部の軸を安定させた状態でいつもより長めにポーズを保つ。途中お休みを兼ねて、正座~はとのポーズで呼吸を落ち着かせる。

いくつかの段階を踏んで完成形までつくりますが、呼吸が苦しくなったり痛みや窮屈さを感じたら、一つ前の状態に戻ることがとても大事。その過程でいつも自分の身体の声と相談し合いながら、気持ちと体の距離が大きく広がらないように! いつも仲良く一緒がいいですね。

雨音を聞きながらのシャバアーサナ。最後は好きな座法で少し瞑想の時間をとりました。

慌ただしく過ぎてゆく中でわずかな時間を見つけて静かに目を閉じてみる。素直に自分を見つめ、感謝の気持ちを大切にしたいです。無理に座ろうとしなくても、忙しい人には寝る前の数分間の深い呼吸がおすすめです。

皆さんの健康を願って、来週お会いできるのを楽しみにしています。

担当インストラクター  椎名智寿子

みき整体

椎名智寿子
東金 サンピアカルチャー ナホーラ教室でヴィンヤサフロー(ヨガ)を担当中。
レッスン後に身体が引き締まり、穏やかな気持ちになれるこのクラスが大好きです!参加される方が元気になり笑顔がふえることを願っています。