11月20日(水)ヴィンヤサフロー レッスン報告

澄んだ青空に冷たい空気が心地よい初冬の朝でした。

足先から腰にかけて軽くマッサージしながら、手のひらのぬくもりを身体に伝えてから、体幹を強くするポーズを多く入れました。

皮膚に近い表面の筋肉、これらは触れて分かりますが、深い部分の筋肉まで感じ取ることは難しいです。その深いところにある筋肉は骨格を安定させ、内臓を支え、排出を促す大切な役目をしています。ヨガのポーズと呼吸が身体全体に働きかけてくれます。

「吸う息で背骨を引き上げ、吐く息で軽く下腹部を引き締める」

呼吸と身体を繋げてみましょう。

これを日常生活の中に取り入れます。きれいな姿勢を長く保つ為には、それらを維持する筋肉を意識して普段から使うことです。目には見えませんが天然のコルセットを自分でつくり、内臓や腰を守ってあげる。無理のない程度に続けてみてください。

背骨はエネルギーの流れる大事な道。背骨は気持ちを表わすので、やる気、意欲的な時はしゃんと伸びて、ほっとしたり疲れた時は丸く縮むことがあります。たまにご自身の身体の変化に目をむけ、気の流れが滞らないように伸ばしてあげましょう。

お休みしていた方、来週のレッスンでお会いできるのを楽しみにしています。

担当インストラクター  椎名智寿子

 

 

みき整体

椎名智寿子
東金 サンピアカルチャー ナホーラ教室でヴィンヤサフロー(ヨガ)を担当中。
レッスン後に身体が引き締まり、穏やかな気持ちになれるこのクラスが大好きです!参加される方が元気になり笑顔がふえることを願っています。