11月27日(水)ヴィンヤサフロー レッスン報告

暖かな日差しと皆さんの笑顔につつまれ、とても心地よい空間の中でのレッスンでした。

ヨガはひとりひとり自分自身を見つめる場所、時間を大切にしますが、ポーズや呼吸を周りの人と合わせていくうちに、なぜか自然と不思議な力(エネルギー)に満たされるのを感じる時があります。言葉で表現するのは難しいのですが、それはひとりでヨガをしている時とは違った集中力が得られ、呼吸が深まり、どんどん自分の内側へと引き込まれていくような感覚とも言えます。

先週の背骨を伸ばす動きに加え、今週は両脇に意識を向けました。

両手を腰に当てた時に触れる骨盤の上部分と、肋骨の下部分の距離を常に長く保つのがポイント!

背中が丸くなる→骨盤が倒れる→お腹の皮膚が縮む→おへそは横に広がりへこむ

背中を真直ぐに→骨盤を起こす→お腹の皮膚が伸びる→おへそは縦に長く形良い

背骨の動きひとつでも姿勢が随分と違ってきますね。

レッスンでは先ず背骨と体側をよく伸ばしてから体を左右に曲げたりねじるポーズに繋げ、背骨の間にスペースが出来た状態から腹斜筋に深く働きかけました。又、バリエーションとして体の後ろで手を繋ぎ、胸の中心から両肩を広げる動きも入れましたが、肩が耳に近づき呼吸が浅くなったら無理をしている証拠。手を離したりひとつ前の段階に戻り、いつも自分の意識と身体の様子を見守ることも大切です。

「伸びて気持ちいいなぁ~、もっとそのポーズを続けていたいなぁ~」

「あ~堅いなぁ~,もっと伸びればいいのになぁ~」

と、身体の中からの声が伝わってくる時、一瞬でも自分の中で起きている変化を感じ取ってあげましょう。

ヨガを通じて心と身体が繋がり、元気になることを願っています。

担当インストラクター  椎名智寿子

みき整体

椎名智寿子
東金 サンピアカルチャー ナホーラ教室でヴィンヤサフロー(ヨガ)を担当中。
レッスン後に身体が引き締まり、穏やかな気持ちになれるこのクラスが大好きです!参加される方が元気になり笑顔がふえることを願っています。